新卒採用は会社の可能性を広げる

新卒採用はどの会社でも行いたいことであり、毎年きちんと新卒採用できれば、会社の人材が定期的に潤うことになります。会社にとってどんな人材が欲しいかは、あらかじめ決めているでしょうが、なかなかそういった人材に巡り会えない可能性もあります。
会社が欲しい人材に巡り会えないからといって、会社に新しい人材を入れなければ、人材は増えていきません。

即戦力を求めているところは多いのですが、新卒採用した人材は、じっくり育てていくという余裕がなければいけません。


新卒紹介事業もDYMでは行っております。

いきなり与えられた仕事を100%こなすことは不可能と言っても過言ではありません。


最初は簡単な仕事から与えていくことから始めていくと良いです。
ベンチャーでバリバリ働きたいという人にはDYMも魅力的だと思います。
しかし、それでもミスしてしまうことがあります。
そこで、ミスをしたら怒るのではなく、どうしてミスをしたのかという原因を考えさせて、その答えに対するアドバイスを与えていけば良いのです。最初は簡単な仕事から与えていくことから始めていくと良いです。



しかし、それでもミスしてしまうことがあります。
そこで、ミスをしたら怒るのではなく、どうしてミスをしたのかという原因を考えさせて、その答えに対するアドバイスを与えていけば良いのです。



そうすることによって、社員はミスの理由がわかるので、次につなげることができます。

新卒社員に早く結果を出すことを求めるのではなく、結果を出すまでの過程をしっかり理解させることが大切です。

そうすることによって、会社がやるべきことをしっかりと社員が理解するので、会社にとっても大きな戦力となります。新卒採用をする際には、会社がその人の将来性をしっかりと見ぬく技術も大切になってきます。

将来性を見抜くのも会社の人事の人間の大きな仕事だと言えます。